読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「劇団ドリームクラブ―ディナーショー2014」雑感

公演日から2ヶ月ほど経ってしまいました。今回はTGSの時の様にスルーの予定だったのですが、やはり玲香さんが出演しているのだから書いておかねばならないと急に思った次第です。とは言っても、軽く覚え書き程度でまとめようとは思います。


さて、昨年12月29日、渋谷の東京メインダイニングで開催されたディナーショーに行ってきました。
ライブVol.2以来久々に玲香さんが出演されましたし、2期メンが5人揃ったのもVol.3以来5ヶ月振りになりました。
また、TGSでMCを務めたペリ子こと青島祐子さん、同じくTGSで雨情さんと一緒に「お姉チャンバラ」の公式コスプレイヤーだった七井しおりさん、D3Pの岡島さんもゲスト出演されました。


入場するとドリクラの楽曲アレンジがピアノで生演奏。かなり耳に心地良くて、CD化してほしいとみんなで言ってましたね。
会場内はテーブル席がずらーっと。私はステージ中央に対して正面の最前席を確保しました。会場の一番後ろにはボックス席があって、赤ソファーの1つがチェキ撮影に使用されました。
食事はビュッフェ式なのですが、ライブの時のMCと同じでステージをちゃんと観たいじゃないですか。だからなかなか席を離れられず、結局2皿食べただけで終わってしまいました。


開演して1曲目は出演ホスガ全員による「恋・KOI☆week end!」
そのまま続いて
2.「Hi!-Kin-goo」セッちゃん
3.「時間のカケラ」るい先生
4.「O-Share is Noko-ism!」ユウエル
5.「月の露珠」マリリン
6.「Real」魅杏
7.「半分はママのシナリオ」みおさん
曲の合間には準備時間も兼ねてホスガ交代のやり取りが色々ありました。

前半ステージの後はMCタイム。司会はペリ子と岡島さん。ホスガが1人ずつ呼ばれて、持ち時間が終わったら会場の後ろで順番にチェキ撮影という流れです。
順番はるい先生、ナオ、マリリン、受付さん、玲香さん、理保、ユウ、エル、セッちゃん、アイリ、みおさん、ノノノ、魅杏。そして最後にペリ子。
MCタイムは一応「反省会」というアナウンスで、主に岡島さんが質問してホスガが答える形でした。でも、もう少し質問の内容を練ってほしかったなとも思いました。それでも、ホスガとしてではなく中の人が出てくるパターンが多くて楽しいリアクションもたくさん観れたのですけど。
それと、チェキ同時進行の弊害で一部しっかり観る事ができなかったのが少し残念でした。私の場合は玲香さんとのチェキの時がアイリのMCに重なってしまって、断片的に聴く事しかできなかったのです。
チェキもかなり時間がかかってしまって、公演後に数人分残って撮影する形になってましたね。この辺もプログラム構成に練り込み不足だった感があります。
MCタイムの次はクロスマージ撮影会。ここでもステージ最前付近にポジション取れましたが、スマホのカメラではあまり良い写真が撮れず残念。
雨情さんと七井さんが「お姉チャン」のコスプレをして登場、ホスガ1人と一緒にポージングを繰り返すという流れです。なので当然ながらるい先生だけは不在となりました。

続いてステージ第2部。
8.「☆Paradise☆」ノノノ
9.「愛しきHero!」ナオ
10.「TimeTraveler」アイリ
11.「ステキなmagician」玲香さん
12.「風をあつめて」受付さん
13.「絶対アイドル☆宣言」理保
14.「Pure色100萬$☆」全員
そしてアンコール曲も「Pure色100萬$☆」でした。


最後にホスガとピュア紳士淑女全員による集合写真撮影。現時点でまだ届いてはいませんが、私の頭にガシガシと革手袋が押し付けられていたので真後ろは代表だったはずです。
撮影終わった後、振り向いてステージ上のホスガの何人かと挨拶したりハイタッチしたり。
そんな感じで夢の様なディナーショーが幕を閉じました。
初めてのイベントだという事もあって急いでまとめた感じがある構成でしたが、今年の年末もさらに良いディナーショーを開催してほしいですね。


玲香さん。MCタイムには中の人が出てきて、代表の質問を飄々とかわしていましたね。グラタンが好き、おぼえました。
アイリとのやり取りではボーリングの投球フォームが印象的でした。
初めての玲香さんとのチェキ。とうとう実現しました。この時に少しお話もできて、考えてみれば玲香さんとして衣装とウィッグを付けた小板さんとお話するのもこれが初めてなんですよね。本当に幸せな時間でした。
それから、私は以前から名刺サイズのカードにホスガの拙いイラストを描いてキャストさんたちに順番に贈っていたのですが、ようやくこの日に小板さんにも玲香さんを贈る事ができました。
それと、このディナーショーではキャストさんが持ち帰れる物しか贈れないという条件があったため、スタンド花やアレンジメントフラワーはNG。その代わり、ピュア紳士有志で打ち合わせをして全員に花束を贈ろうという企画が立ちまして、私は小板さんと聖良ちゃんに同じ花束を贈らせていただきました。


とり急ぎ、簡単なレポートで失礼しました。
今年も劇団ドリームクラブに期待しています。