読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイチェル・マクアダムス

個別にカテゴリー分けしているほど好きな女優さんです。

消されたヘッドライン』を観て「いい女優さんだなぁ」と感じ、『ホームズ』のアイリーン・アドラー役でお気に入りになり、以後は過去の出演作のDVDを買い集め、新作が封切られたらほぼ確実に観に行くようになりました。

現時点ではカナダ時代の作品とTVドラマ関係と日本で未公開の「Aloha」を除いては追いかける事ができています。

で、旧ブログの時に全出演作レビューをしようと思っていたのですが…「パッション」劇場鑑賞時を最後に更新が滞ってしまい、いつの間にか3年経過してしまいました。

それまでに一応は12作品をレビューしてたんですけどね。

まあ、新しいブログに移行するのをきっかけに再開しようとは思っていたのです。

いい機会なので最初から仕切りなおしてみようかなと。というわけで、一歩ずつゆっくりと更新していきたいと思います。

f:id:dyna_red:20161010085107j:plain

『ホット・チック』(2002年)

ミーン・ガールズ』(2004年)

きみに読む物語』(2004年)

『ウェディング・クラッシャーズ』(2005年)

パニック・フライト』(2005年)

『幸せのポートレート』(2005年)

あぁ、結婚生活』(2007年)

『それぞれの空に』(2008年)

消されたヘッドライン』(2009年)

きみがぼくを見つけた日』(2009年)

シャーロック・ホームズ』(2009年)

恋とニュースのつくり方』(2010年)

ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』(2011年)

『君への誓い』(2012年)

『パッション』(2012年)

トゥ・ザ・ワンダー』(2012年)

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013年)

誰よりも狙われた男』(2014年)

『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015年)

スポットライト 世紀のスクープ』(2015年)

以上作品に加えて今月に『サウスポー』のDVD&BDがリリース、来月に出演作『ドクター・ストレンジ』と『誰のせいでもない』が劇場公開。軽く20作品を超えててレビューも大変だなーとは思いつつ、少しずつ再視聴して記事を書いていきたいと思います。