読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『蜘蛛の巣 〜SPIDER’S WEB 〜』

舞台 舞台(山下聖良)


両国のAir studioで劇団空感演人プロデュースの舞台『蜘蛛の巣〜SPIDER'S WEB』を2月20から22日の3日連続で観てきました。
私がイチ推ししている山下聖良ちゃんがトリプルキャストのA班に出演していました。
原作はアガサ・クリスティーの戯曲で、一部に変更やカットがありますね。例えばサラ・バーチ判事は原作だとヒューゴー・バーチという男性だったり、クラリサが煙草を吸ってたり。セリフもあちこち削られてる。

物語の舞台は外務省役人の邸宅。そこで主人ヘンリーと離婚した元妻の再婚相手オリバーの死体が発見される。死体を発見した後妻のクラリサはある理由から事件との関係を隠蔽する事に。知人たちを説得して死体を運ぼうとした矢先、殺人事件通報を受けた警察がやってくる…という話。
殺人事件を中心にしたミステリーではあるのですが、第3幕までは誰が真犯人なのか?、その動機は?など深く追求される流れにはなりません。第1幕では事件自体を無かった事にしようとしますし、第2幕では事件への関与を否定して警部の事情聴取をかわしていく様子が中心になります。
そのため、証拠隠しのドタバタと警部との間の駆け引き的会話劇が、時にはコミカルな味付けもされていて、各キャラの発言がそれぞれに影響を与えて二転三転して連鎖していく様子がとても面白い作品でした。まさにラストでクラリサが引用するウォルター・スコットの詩から引っ張ってこられた『蜘蛛の巣』というタイトルがピッタリな展開でした。
初見の時は第3幕であるキャラがある行動を取るまで真犯人はわからず、別のキャラが犯人だと思っていました。けれど真相がわかった上で2度目に観た時には、もう序盤から真犯人が怪しい行動や反応を見せてるのがわかりましたね。そのあたりの緻密な伏線や小道具の配置は流石クリスティーです。2時間近い上演時間を短く感じさせてくれるほど、中だるみもせず、どの場面も楽しく観る事ができた作品でした。


聖良ちゃんの演じたのはクラリサ。ポジション的には主役と言っても良いと思います。頭の回転が速く、想像力豊かで、いたずらっぽい性格で。でもしっかりしていて、前妻の娘ピパへの優しさにあふれていて、とても魅力的なキャラでした。
そして圧巻だったのがクラリサのセリフ量。多くの場面で畳み掛ける様にセリフを発し、物語の流れをどんどん変えていく影響力。この舞台の中でのクラリサというキャラの魅力は(私のひいき目があるのを差し引いても)結構な比重があったのではないかと思います。
少し気になったのはセリフが早口気味になっていたので、そこをその時の状況で緩急が付けられていたらとは思いました。でも、前述した様にセリフ量が多いので、勢いとリズムが損なわれるともしかしたらセリフを続けるのが難しくなっちゃうのかもしれないですね。この辺りはシーンごとに撮影できる映像と、全て通しで一発演技の舞台との違いなのかもしれません。
聖良ちゃんの舞台を観るのは昨年の『雪の女王』以来ですが、その間に事務所のレッスンで女優として一段と成長したのを感じました。特に今回は出番もセリフも多く、純粋に演技力が必要な役だったので一層その事を感じる事ができたのだと思います。他のキャラを翻弄したり、ピパに対する思いやりやヘンリーに対する愛情。オリバーに対する毅然とした態度。事件に動揺した時。警部を翻弄する時。真面目な時。「もしも」に浸っている時。そういった場面場面での役作りがしっかりと出来ていて表情も多彩でした。これだけセリフや出番が多ければ精神的重圧も大きいでしょうに、それをやり切ったのは流石です。あらかじめセリフは入れていたでしょうが、実際の稽古が10日ほどだったそうで。その短期間でここまで仕上げるのは本当に大変だったでしょうし、大きな経験にもなった事と思います。


劇団ドリクラをきっかけに聖良ちゃんと出会ってから1年半ほど。どんどんその魅力に引き寄せられて、今では一番期待していて応援していきたい女優さんです。
他の劇ドリのキャストさんたちも今がんばっていて、メディアに名前が出てきたり大きなお仕事をつかんだりけっこう知名度が上がってきている人が何人もいるのですけど、そんな中で聖良ちゃんは着々と土台を作っていて。
今回の観劇の時に劇場ロビーで「主役って聖良って子?知らなーい」って会話を実際に耳にしていますが、その一方で聖良ちゃんの事を「初めて観たけど良かった」って感想をツイートで見かけたりもしました。チケットの集客や面会は私みたいに必ず足を運ぶファンや知り合い主流なのかもしれませんが、でも確実に少しずつでも広く評価はされてきていると思うのです。
1つ公演を観るたびに以前より良くなっているところが感じられて、今回も良かったと思えて、次も観たいと思わせてくれて。
舞台というのはその作品の脚本や演出に感想が引っ張られていくのだと思いますし、この「蜘蛛の巣」もそこは重要でしたが、山下聖良という若手女優のポテンシャルを引き出してくれたこの作品に出会えて、そしてこの難しい役に挑戦してやり遂げた聖良ちゃんは本当に素晴らしかったと思います。
千秋楽の翌日からまた事務所のレッスンに参加しているとの事ですし、まだまだこれからも経験値を積んで成長していくのだと思います。それを楽しみにできる事はファンとしてとても幸せです。ありがとうございます。


今回、ピュア紳士仲間で有志を集ってスタンド花を贈らせていただきました。